全日本プロレス5



セミは小島、曙と浜、真田のタッグマッチ。小島には大量の紙テープが舞う。小島は腕を攻められ、きつそうだったがさいごはラリアットで勝利。四方に礼をし、場外を一周して去った。涙がでた。
メインは船木、鈴木、ケアと諏訪魔、カズ、カイの6人タッグ。予想通り、船木がカイに勝利。
七尾大会は土足禁止だが、内容はよくまた全日本プロレスを見たい、と思った。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック